ワールドセラピーシステム セミナーのご案内

グリーンハウス動画紹介サイト

| コメントはまだありません

 新しい動画 アースバランシング を追加しました!

 

グリーンハウス動画紹介サイトが出来ました!
こちらからアクセスしてください。

http://www.oste-greenhouse.website/

 

MIL10023//1

デビュー

| コメントはまだありません

いよいよ当院に来てから5年目になる
小玉先生が治療デビューします。

 

多くのことを私のところに来てから学びました。

 

学んだことをさらにもっと多くの患者さんに
その力を発揮してもらおうということです。

 

彼の治療の場合、基本30分の治療時間で
8,000円の治療費ということになります。

 

多くの悩める患者さんに、私のところの
治療を受けてもらいというという気持ちからです。

 

私自身はすでに多くの患者さんを抱えていて、
新たに治療予約を入れるのは大変なので、
きっと小玉先生がその穴を埋めてくれると
期待しています。

 

他治療でよくならない人は、ぜひ
小玉先生の治療を受けることをお勧めします。

WTS研究会からのお知らせ

| コメントはまだありません

1.WTS研究会について

すでに入会されている会員が、
ガイダンスが開催される時に
再受講される場合には、
5,000円にて参加できます。

2.WTSを広げるため

入会を考えていたり、勉強したい、
体験したい治療の先生や、健康関係の
仕事をしている人で、WTSを使いたいと
考えている東京近郊外にお住まいの方が、
3~5名いる時にその旨を連絡頂ければ
時期とタイミングを合わせ、こちらから
インストラクターが行ってガイダンスを
行います。

詳しくはこちらまでご連絡ください。

 

ワールドセラピーシステム研究会より

触るからはじめるクラニアル・テクニック初級5を受講した感想/2018.4.22

| コメントはまだありません

順不同でご紹介しています。

 

鈴木意久夫 先生

CV4の深い考察が素晴らしかったです。大変
勉強になりました。脊柱や全身につなげるという
意識が学べてよかったです。

いっぱい治していただいてありがとうございました。
手の内の秘伝を教えて頂けて嬉しかったです。

気を通す鍛錬法を教えて頂けて嬉しかったです。
5分はきつそうですね。CV4の手の、自己流を
矯正できて良かったです。

脳の自動力を教えて頂けてビックリ。初耳でした。
TMJまで圧クラニオテクニックで治療出来てよかったです。

 

田所亨 先生

CV4の細かい注意点を教えて頂き大変勉強に
なりました。同じように見えても全く結果が
変わるので、本当のCV4は考えていた以上に
効果があることが分かりました。

圧力均一の法則がとても重要だと改めて感じました。

すべてにおいて張力や固さを均一にすることで
治療効果が最大限に発揮されるのだと思いました。

硬膜制限の簡単な見つけ方、硬膜傾聴の方法は
とても臨床向きなので、練習してマスターしたいと
思います。

本日もデモで治療していただきありがとうございました。
大変身体が温かく、楽になりました。

やはりクラニアル、脳は感覚が難しく、
日々の練習の継続が大切であると思いました。

 

星英之 先生

本日も貴重なセミナーを受講させて頂いて
ありがとうございました

本物を感じることが出来るセミナーです。

テクニックのみでなく、力の使い方に必要なことなど
他では学べない内容も多いです。

グリーンハウスでは初級という事ですが、本物の
クレニオのコンタクトから本物のタイドまでを
実感できるこのセミナーの価値は図りしれません。
 
しかも、普通だったらなかなか到達出来ない
タイドの感覚をいとも簡単に移行させて実感
させて頂ける田尻先生の圧倒的な技術力に
感謝いたします。
(本当に1分の間に感覚の旅行をさせて頂きました)
 
もちろん受け取るに足る感覚は必要ですが、
「腕に自信あり」の先生にこそ体験して頂きたいと思います。
 
組織や細胞と会話しながら治療をしている先生方に
この世界を覗いて欲しいと思いました。
 
すべての治療行為は物質としての人体の変化を伴います。
 
もちろんそれ以外の様々なレベルでの変化ももたらします。
 
それを確認して評価する。
 
当たり前のことをここまでのレベルまで行う為には
絶対に必要な体験だとおもいました。
 
テクニックのときにオリジナル技法も教えて
頂きましたが、それだけでも一つのテクニック
セミナーとしての価値があると思いました。
 
このたくさんの宝物をとりあえず受け止める事が
出来るように日々精進します。
 
そして時間をかけて吸収します。
 
後日、患者として小型犬を診ました(当院は何でもアリです)。
 
頸椎ヘルニアで全身麻痺だった子犬(シリンジで流動食)
数年前に治療して元気にしていたのですが
抱え上げると右側方に丸まる」「普段も右によろける」という
異常が出て再診でした。
 
C1にコブのような隆起が有り(健常犬の数倍)
胸椎と尻尾にも異常がありました。
 
今回はセミナーで教えて頂いた「〇〇〇〇〇」で治療しました。
コブは無くなりました。
 
圧倒的な物質的な変化として確認出来た事が新鮮でした。
 
次回もよろしくお願いします。

 

車田暁則 先生

本日も非常に内容の濃い充実した内容でした。

座学の説明も充実していて、実技も感覚を注入して頂き
ながら勉強出来わからないながらもぼんやりと感覚を
つかむことが出来ました。

種をまいて頂いたような感じです。

回を重ねる度に内容が濃くなっていき、田尻先生の
オステオパシーの奥深さを感じました。

CV4を教えて頂きましたが、田尻先生のピンポイントに
カチッとはまるようなコンタクト、安定感に驚きました。

うつ伏せによる頭蓋のテクニックで全身が変化する事にも驚きました。

田尻先生の身体操作、凄いの一言です。

ブロック理論を治療に応用するというテクニックは
検査即治療になり素晴らしいテクニックだなと思いました。

自分で作るもの シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

最近数名からの話があったので、以前にも
書きましたが、改めて述べます。

 

私は自分が過去において、急に重要なセミナーが
開催されると聞いて、何度も患者さんに、
「すみませんが~の理由で休みます。違う日に
予約を変更してください」とお願いして
セミナーに出席したものです。

 

今でも北海道から勉強に来ていただいている
田所先生と折笠先生は、セミナー前日に1泊し、
時にはセミナーが終わり、さらに1泊されて
飛行機で帰られます。

 

この私でも頭の下がる思いがします。

 

こういう熱心な先生がいる限り、
一切手など抜けません。

 

私は自分が必要、受けたいというセミナーが
あるなら、大事だと思うセミナーがあるなら、
「お金が今ないため」とか「そこに予定が入って
しまったから」とか「時間が取れない」などと
言っている先生の話には、一切付き合うつもりは
ありません。

 

2人の北海道の先生以外にも、東京であっても
ほぼすべてのセミナーや研修会に参加される
鈴木意久夫先生のように頑張り屋さんが
いてくれることは、私の励みでもあります。

 

私は熱心な先生がいるなら、最小限度の人数でも
セミナーはやりたいと思っています。

この力は?成長している・・・ シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

この半年ばかり、筋力トレーニングは
ほとんどしていない。

 

肥田式くらいである。

 

両腕はめっきり細くなりました・・・

 

久しぶりに40kg重さでグリップを鍛える
マシンを使ってみて、以前は100回左右楽に
できたのがどうなっているかを時々試します。

 

できないかな?
と思うけど・・・

 

これができるんですね。

 

そして、筋トレはやめているけど、合気の力は
知らぬうちに上がっている。

 

これはすべてBDFTを毎日行っている
からだと考えています。

 

以前よりはるかにすごくなっている?
これってすごいことですよね。

 

私は武道家でなく治療家。

 

武道的練習は一切(でもないけど)
今はやっておりません。

 

つい最近のクラニアルセミナーで、
身体の色々な使い方ということで、
手の筋肉操作を教えました。

 

これができると前腕でも肩でも肘でも
身体でもできるんですと、一人の生徒に
私を後ろから羽交い絞めにしてもらい、
身体の微妙な筋肉操作と、身体の使い方で
振りほどくということをやりました。

 

本当に申し訳なかったのですが、少しあと
セミナーが終わった後に、左手首を
ものすごく痛めてしまったようです。

 

私は一通り治療して帰ってもらいましたが、
大丈夫かなと心配していました。

 

翌日メールをくれまして、腫れも引き、
動かせるようですとの連絡をもらい、
一安心しました。

 

その時はまさかそこまでの影響が出ると
まったく考えていなかったので、
申し訳なかったですが、私は真剣に
やったというより軽くやったつもり
だったので、私の方がびっくりして
しまいました。

 

私はBDFTを使い続け、もう少し合気の
鍛錬をすれば、武術家としてだいぶ
使えるようになるかもしれません。

シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

前に「武術気」と「治療気」について書いた。

 

この2つは気であるが、高周波、低周波のような
違いがある。

 

これを理解し、自分の中の「気」の状態を
コントロールしたり、作り出したりしないと、
癌などの病気を成長させてしまうのかも知れない。

 

この2者を理解せず、ただ気を養えばよいとする
のは大きな間違えであると思う。

 

その辺を気の修業をするときは、
充分に知っておくべきであろう。

 

また、気の身体を作り、その気でもって
治療をするという愚かな行為は、治療者の
健康を壊しかねないため、オステオパシーの
ロングタイドやリキッドライトを
用いるべきであると考える。

合成生物学とは?

| コメントはまだありません

今人類は人の手によって
生物を作り出そうとしています。

 

そしてそれは確実に進んでいます。

 

遺伝子組み換えの技術が恐ろしいのは、
それが自然の生物の遺伝子に悪い影響を
与えていくという考えからです。

 

今行われている合成生物学は、人間の
手により遺伝子を作り出し、生物を作る
という研究です。

 

これに対し、私は、「フランケンシュタインに
怪物」を作らなければよいがと不安です。

 

またそんなものが誕生してしまうと、
形態形成場にそのような情報が組み込まれ、
おかしなことにならなければよいがという
懸念もあります。

 

コンピューター・ウィルスをご存知でしょう。

 

このように1つの自然界にないものが
誕生してしまうということで、それが
どのように正常な生物界に異常をもたらしうるか、
誰にも分からないのです。

 

それは、生命の神秘や秘密が解き明かされて
いないためです。

 

私の恐れが現実化しないことを望みます。

顎の問題 シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

「顎の問題」これは大変に難しい。

 

この難しさをよーく知っていて気付いている
先生は2つのタイプしかない。

 

1つはきちんとした治療技術を持たないため
治せず、難しいと感じる先生。

 

もう1つは、かなり高度な治療技術を持ち、
色々な臨床を行っているがゆえに、
難しく感じている先生である。

 

深く掘り下げるがゆえに見えてくることがある。

 

以前にもブログにてTMJ検査法を紹介
しましたが(大サービスです!!)、
ここで当たらにTMJの検査と考察法を
作りました。

 

それはいま作成中の「頭蓋テキスト2」に
記載されますし、今行っているクラニアル
セミナーで紹介する予定です。

 

これは必須の技術だと思います。
多くの先生に勉強していただきたいと思います。

 

ヒントは「U字力」「軸圧」「ライン」です。

2018年5月27日(日) 触るからはじめるクラニアル・テクニック 初級6 開催のお知らせ

| コメントはまだありません

【日時】 5月27日(日)9:30から16:30 まで

 

【場所】 当治療院

★頭蓋治療教本(税込¥30,000)をお持ちでない方は
セミナー当日に購入することができます。

購入前に誓約書のご記入が必要になります。※要印鑑

 

 【持ち物】 頭蓋治療教本をお持ちの方はご持参下さい。

 

【受講資格】

① 医療国家資格保持者(医師・歯科医師・獣医師・看護師・柔整師 ・鍼灸師
あんま、マッサージ、指圧師・理学療法士・作業療法士・薬剤師 他)

② 医療国家資格養成校の生徒

③ 無資格者(医療系の民間学校で学ばれた方)

④ WTS会員

受講資格についてご質問のある方は申込みの前に
グリーンハウスまでメールにてお問い合わせ下さい。

 

 代表の許可が下りない場合は参加ができないこともあります。
※ 初めて参加される方は院長の臨床記(ブログ)を読んで参考にして下さい。

 

 

【受講料】 

一律 30,000 円(税込)

 

【内容】

未定

 

 

その他

【申込方法】 2018年 4月 22日(日) 午前8時からメールフォームより受付開始

【申込期限】  5月 13日(日)まで

「お申し込みの注意点」をご確認頂き、 ご理解の上お申込み下さい。

「気」の力 シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

武術「気」と治療「気」は違うということを
以前にも書いた。

 

気は自らの力を使う方法は、使ってはならない。

 

奮発を強く繰り返すやり方は、治療では用いない。
長く柔らかく使うことが多いのである。

 

ただ、治療者は自らエネルギーを使うことを
理解せず用いている人と、意識して用いている人がいる。

 

意識しようとしまいと、いずれも気の出入りは
関わってくる。それが治療という行為である以上
仕方ないのである。

 

そうであるなら、どのように使うべきかを学んで
使うほうが良いに決まっている。

 

フルフォード先生も、気功のようなことを
毎日やっていた。

 

たとえ意識せずとも、病んだ気を持つ人に
対応するなら、自己の根源力を強くして
おかねばならないのは当然である。

 

当方には「肥田式強健術」がある。

 

時間も短時間で、強力な方法である。
多くの人にお勧めしたいメソッドである。

大多数は・・・

| コメントはまだありません

医者とかマスコミとかから言われると
その通りに従ってしまう。

 

医師から余命~ですといわれたらその通りに
死んでいき、ワクチンや薬か必要と言われたら
少し不安を抱いても、その通りにしてしまう
人の多いこと。

 

自分の命を人任せにする人は、それで寿命を
縮めても仕方ないとしか言えない。

 

それが嫌というなら、もう少し情報を集め、
今起きつつある現実に目を向けることである。

 

「この国は国民を決して助けない。
マスコミは真実を隠す」である。

 

何かあったとき、アメリカが日本を心から
救ってくれるなどということは起きない。

 

国を良くしようという政治家が本当にいるなら
いつまでも、たかが8億にこだわらず、
膨大な医療費を何とかしろと思う
(絶対に無理だが)。

 

あなたはそう思わないのか?

警告!! シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

最近私がやたらと警告を発しているけど、
これに気付いている治療者は果たして
何人いるのか?

 

そして、今やっている治療は、本当に
患者の健康を取り戻すことにおいて、
役立っていると思うのかと質問してみたい。

 

もし役立っていると答える先生がいたら、
それはよほど研究し、勉強している先生か、
今何が起こりつつあるかに気付いていない
あほな先生かのどちらかである。

 

人体は正常であれば、壊れていても、
自然治癒したり治療されることにより、
やがて健康に戻っていくであろう。

しかし、毒素(生物毒、化学毒等)を受けていたり、
電磁波を受けたりして身体の持つ正常な反応や
対応に異常をきたすことになっていたら、
今までのような刺激の与え方では、
心も身体も回復していけないのだ。

 

次第に、どんなに鈍い、勘の悪い治療師も、
そのことに気付く時が来る。

 

その時には、その先生たちは何もできない、
慌てふためく時が来よう。

 

アメリカの有名な先生から学んだ技術だからとか、
ヨーロッパで高名な先生から学んだテクニック
だからと、それにすがっていても、現実に
起きていることに目を向けられなければ、
本当に痛い目に会うであろう。

 

その先生がそれまで目をそむけ、努力せず、
現状に甘んじていて、その時に困るのは
全く構わない(自分がおろかであったからだ)が、
その先生を信じて治療に来ていた患者さんたちが
かわいそうなだけである。