ワールドセラピーシステム セミナーのご案内

グリーンハウス動画紹介サイト

| コメントはまだありません

新しい動画 クリスタルの使い方 を追加しました!

 

グリーンハウス動画紹介サイトが出来ました!
こちらからアクセスしてください。

http://www.oste-greenhouse.website/

 

驚くべきことが!

| コメントはまだありません

インターネットで「オステオパシー」と
検索すると、当院はけっこう前の方に
出てきていたのですが(何年も)、

最近ちょっと調べ物で検索してみると、
なななんと・・・・・全然出てこないのでした!

 

私は色々と書いていたので、影の組織にでも
狙われた、目をつけられたのかも知れません・・・

 

まあ悪い芽は小さいうちにつぶしておこうと
いうことでしょうかね。

 

しかし、そういう人たちが私の言動を
注目したということなんでしょうかね。

 

私の言っていることは、「オステオパシー」で
検索していただければ一目瞭然、
すぐに分かると思います。

 

私が突然消えたら、
闇の組織に狙われたということで。

「オステオパシー」 ラストBDFT

| コメントはまだありません

オステオパシーの中では最高という考えを
私はしているのが「バイオダイナミックス」である。

 

これを教えるのは大変面倒である。

 

そして、本気で学びたい人以外には
伝えたくないのである。

 

いよいよバイオダイナミックス4回目
つまり、フェーズ4を迎えます。

 

私としては今回を最後に
もう打ち切りたいと思っています。

 

たとえ、私自身がBDFTに関して
進化しようとも、もう教えたくない
という気持ちであります。

 

この連休で終わりにしたいと思っていますので、
参加者は気を引き締めてしっかりと勉強して下さい。

シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

オステオパシー界の巨人である
故ロバート・フルフォード先生は、
オステオパシーを勉強している先生には、
良く知られた名前であろう。

 

そして、セミナー等でフルフォード先生が
多用していたパーカッションハンマーを学び、
使っている人もいるだろう。

 

フルフォード先生は、身体の不調は、すべて
エネルギーのブロックから生じる、そのブロックを
取り除けば、人体は正常に戻ると言っているのだ。

 

そのために、時にパーカッションハンマーで
時にハードポテンシーにより、時には磁石を用いて、
治療していた。

 

これらすべては、手により、サトルボディの
触診をして、ブロックを見つけ、それを
取り除くための手段であった。

 

パーカッションハンマーを用いて、
フルフォードテクニックをやっているというなら、
ハードポテンシーはできずとも、磁石の治療と、
ボーゲルクリスタルの治療はやっていただきたい
と思うが、いかがだろうか?

中山清 武医同術

| コメントはまだありません

この人は、日本式の治療術をアメリカに
1960年代に紹介をし、アメリカの
オステオパシー界と交流を持った人でした。

 

その後、故古賀先生がカークスビルの
オステオパシー大学と交流されていたようです。

 

今回、この中山先生の貴重なる資料が
いくつか私の手元に集まりました。

 

今回アメリカに、私の作ったオステオパシー
技術を伝えに行く前にあたり、先人のこのような
資料が私のものに集まるというのも、きっと
何かの意味があるのだと思います。

 

今までいろいろな意味で、いろんな目にあってきました。

 

大変嫌な思いもたくさんしてきましたが、
今後情勢が変わってくれば、すべては
報われるのだと思います。

 

その時が来るよう、ただ頑張るのみです。

 

大変嫌な思いを、私は決して忘れません。
それこそは私の今の原動力でもあるからです。

 

私には多くの理由、原動力がなければ
単身アメリカに乗り込むなんて、きっと
考えなかったろうと思います。

クリスタルワーク

| コメントはまだありません

ボーゲルカットクリスタル3種と
オールマイティクリスタルの説明をした
映像を撮りました。

 

この中には、クリスタルセミナーでも
行っていない方法を出しておきましたので、
セミナー参加者は特に参考になると思うので、
見てください。

 

まだまだクリスタルを用いた治療法はありますが、
今回の映像のテクニックも大変面白いと思います。

 

クリスタルヒーリングに興味ある人も、
ぜひこの映像を見てみることをお勧めします。

水道管

| コメントはまだありません

最近当地では、やたらあちらこちらと
水道管の工事をやっている。

 

以前にブログで書いたのだけど、
1970年代に完備し終えた日本中の
水道管がダメになりつつあるようだ。

 

水道局がいくら水はきれいにしてある、
完全でおいしい水とうたっていても無駄である。

 

家庭に来るまでの間、水道管の老朽化のため、
色々な目に見えぬ物質が水道水に入っている
可能性がある。

 

まだ、沸かした水ならましであるが、そのまま
水道水を飲んでしまうことは反対である。

 

小さな積み重ねが大きな悪い結果に結びつく。

 

どんなに食料や産地、その他に気を使っても、
水がダメなら、何にもならない。
気を付けてほしいと思う。

 

命をはぐくむ水。

 

水のようになりなさいと教えられる水。
この水が信用できぬとは残念ではある。

これからは

| コメントはまだありません

アメリカ行きの準備のため、
ブログが途切れることもあると思います。

 

何しろ、アメリカに行くまでには
「診断教本2」を出版したく、
そちらの執筆も大変です(汗)

 

本当書くのにうんざりという感じです。

 

しかし、アメリカの地に私の技術を
根付かせるためには仕方のないことなので
・・・・やるしかありません。

 

また、セミナーのカリキュラムも
作らなければならず、そして日本の
セミナーの準備もせねばならず、
当然治療の仕事もせねばならず、
読まねばならぬ本も読んでおかねばならず・・・

 

もう本当に大変です。

 

誰か代わりにやってくれ!と思っていますが、
全ては自分のまいている種ですので、
仕方ないという結論です。

展示販売です

| コメントはまだありません

ボーゲルクリスタルと
オールマイティクリスタルは
セミナー時に受講生に渡し終えて、
数セット残りました。

 

また、6面はさらに数個余計にあります。

 

当院受付にてサンプルを展示してあります。

 

近々、簡単なクリスタルの使い方を
映像配信(アップ)しますので、
購入を考える人は見てください。

 

このクリスタルは、同型のものは
本家以外には存在しません。

 

これは私が、大きさ等を業者さんに
指定し、作ってもらったものであり、
全て手作りのため、少しづつ
大きさも違ってきているようです。

 

今回売り切れたら、新しいクリスタルを
作る予定はないので、ロバート・フルフォード
先生の使っていたこのクリスタルを入手
したい方は、この機会に入手してください。

 

ちなみに私はアメリカのマーセル・ボーゲルが
指定した業者に作ってもらい、今から10年
以上前で、約20万円で購入しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ教えていない

| コメントはまだありません

まだ教えていないテクニックの中に
「遠隔連結リリース」がある。

 

これは過去に教えたことはなく、
診断セミナーや触診セミナー、
初級セミナーなどで見せたことが
数回ある程度である。

 

原理も、やり方も教えたことはいまだない。

 

そういう意味では、まだ教えていない
テクニックはまだあるんだなあと、
我ながらいまさらに思う次第である。

 

これはバイオダイナミクスの能力や
液治療ができる人でなければ、
教えてもできないだろうと思う。

 

いずれ、いつの日か教える日がくれば
教えるかもしれないし、秘密のままに
するかもしれない。

 

まあ、そういうことで、まだまだ
あなた方の知らない世界があるんだよ
ということで、この話を締めくくりたいと思う。
(ジャンジャン)

理解されてない

| コメントはまだありません

私のアメリカでのセミナーが成功すると
いうことは、どれだけ日本人にとって
良いことかが、本当に認識されていない
ように思います。

 

日本人が海外でもし活躍するようになれば、
私以外の、私の認めたインストラクターが
海外に行って教えることも出てきます。

 

今回は本当に通訳さんの依頼が大変でした。

 

私のやっていくことが成功することは、
当然海外に出ていくチャンスが増え、
通訳さんの仕事の場は増える、つまり
活躍の場が広がるのだということです。

 

本当に、協力していただいた人と
そうでない人、こういう時にこそ
本当の敵か味方か分かるというものです。

 

今回協力していただいた通訳さんたちには
大変感謝していますし、今後私の成功とともに
一緒に頑張っていただければと思っています。

 

また、私の名前が少しづつでも海外で広がれば
日本でオステオパシーを勉強している先生も、
海外の先生から違った目で見られるようになり、
より勉強しやすくなると思うのです。

 

そういうことを考えたら、私のやることが、
「勝手にやってれば」「私には関係ないね」
ではなくなるのです。

 

多くの先生に、そのことを知ってもらい、
応援していただきたいと思います。