ワールドセラピーシステム セミナーのご案内

WTS研究会からのお知らせ

| コメントはまだありません

1.WTS研究会について

すでに入会されている会員が、
ガイダンスが開催される時に
再受講される場合には、
5,000円にて参加できます。

2.WTSを広げるため

入会を考えていたり、勉強したい、
体験したい治療の先生や、健康関係の
仕事をしている人で、WTSを使いたいと
考えている東京近郊外にお住まいの方が、
3~5名いる時にその旨を連絡頂ければ
時期とタイミングを合わせ、こちらから
インストラクターが行ってガイダンスを
行います。

詳しくはこちらまでご連絡ください。

 

ワールドセラピーシステム研究会より

グリーンハウス動画紹介サイト

| コメントはまだありません

新しい動画 クリスタルの使い方 を追加しました!

 

グリーンハウス動画紹介サイトが出来ました!
こちらからアクセスしてください。

http://www.oste-greenhouse.website/

 

| コメントはまだありません

だいぶ涼しくなり、秋の気配が出てきました。

 

私は時々、治療室の窓を開けて外を見ます。

 

部屋の中に入りっぱなしでいると、
気がふさがれる感じがするからです。

 

窓から見える範囲は狭いですが、
空や雲を見ることは出来ます。

 

時として、素晴らしい自然の造形に
出会うことがあり、そんなときは
それを楽しみ、写真を撮り、気分転換をします。

 

あなたも自分の自由になるわずかな時間に、
自然に触れることをお勧めします。

不要なものなどない! シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

ヘリコバクターピロリ・・・ピロリ菌については

けっこうな人が知っていることと思う。

 

胃潰瘍の原因であるとか、胃がんの元だとか
色々言われている。

 

面白いことに、発展途上国の成人の胃には
この菌は存在するが、アメリカなどの先進国では
極めて低くなっているそうである。

 

先進国では、約100年の間に、
このピロリ菌は減少してきているそうだ。

そのせいもあってか、消化性潰瘍や胃がんの
発病率は減少したそうだ。

 

ところが、同時に酸逆流疾患や死亡率の高い
タイプの食道がんなどの食道器の疾患が
劇的に増加しているそうであり、
このピロリ菌の減少と関係があるという
証拠が多く報告されているのだ。

 

それもピロリ菌は、人によって種類が異なる
ことも分かってきているそうだ。ピロリ菌と
一言で言っても種類があるというのだ。

 

ピロリ菌を殺すために使う抗生物質とも
関係があるとか。

 

だから何かをやっつけるために何かを
犠牲にするというやり方では、本当の
健康は作れないということである。

11月12日(日) 第2回一般向けWTSセミナー 開催のお知らせ

| コメントはまだありません

【日時】2017年11月12日(日) 9:30~16:30

 

【場所】当治療院

 

【定員】10名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

 

 

【受講資格】
 

 医師、歯科医師、獣医師、看護師、柔整師、あんま・マッサージ師
 指圧師、理学療法士、作業療法士、薬剤師 他

 国家医療資格学校の生徒、及び代表の許可が下りた者
 (国家医療資格の無い方は申込みの前に
  グリーンハウスまでメールにてお問い合わせ下さい)

 

 

【受講料】  一般 40、000円(税込) ※テキスト付き

     WTS会員 35,000円(税込)

 

 

【申込方法】9月20日(水)朝8時よりメールフォームから受付開始

 

 

【申込期限】10月29日(日)まで

 ※「お申込みの注意点」をご確認頂き、
  ご理解の上お申込み下さい。

 

 

【内容】(状況により内容を変更する可能性もございます)

 1.WTSについて

 2.量子医学について

 3.簡単な精神治療、及びWTSにおける精神治療とは?

 4.周波数干渉療法(一般的な症状に対する治療のやり方、解説及び実技)

 5.会員でなくても出来るWTS治療法について

 

 

【注意】

 セミナーでは録音のみ可とし、写真・動画の撮影などは出来ません。

 タブレット端末、スマートフォン等の
 カメラ・動画撮影機能付きの機器での録音は出来ません。

 ICレコーダーをご使用下さい。

 その他、ご不明点はお問合せ下さい。

爪 シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

少し前のブログで、爪について
書いたことがありました。

 

その後、バネ指、外反母趾、
その他多種な問題において、検査(傾聴)や
観察をすると、爪の問題を持っている人が
大変に多いことに気が付きました。

 

その結果に、やはりと思う反面、そこを
見逃していることもあるかと思いました。

 

爪はかつて拷問として、剥ぐということに
使われました。

 

また、鍼灸師は知っていますが、
「気つけのハリ」という、
気絶した人に、指先にハリをさして、
目覚めさせるという技術があります。

 

それくらい鋭敏なところということです。
特に足の拇趾は大事です。

 

もし拇趾がなくなってしまうと、きっと、
ちゃんと歩けなくなります。

 

それぐらい大事なのですが、その指の爪が
曲がっていれば、そのねじれは上まで
影響するということです。

 

自分の足の親趾をよく観察して、
左右が違って、しかもねじれていれば、
それが原因の何かはあるでしょう。

クラニアル 教本2 シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

今はものすごい勢いで、「クラニアル
教本2」を書き込んでいます。

 

教本1よりもだいぶ量が増えるでしょう。
これは最初教本2を書き始めてから、
新たに発見、創り出したテクニックがあり、
それが加えられているということです。

 

ただし、この本を出版する予定は
今はありません。

 

なぜなら、「診断教本2」が、診断力を
それほど重要視しない先生が多いためか、
値段が高いと思うせいか、WTSの会員ですら
購入されていない先生がいるため、私自身の
出版する欲がなくなっているのが
現在の気持ちであります。

 

購入された先生で、この本の価値の分かった
先生方からは、ものすごい高い評価を
してもらっています。

 

「診断」については、あれ以上の本は
現在は書けないほどの内容であり、
「クラニアル教本2」の内容は、「教本1」の
内容をはるかに凌駕する内容の本になることは
間違いないでしょう。

 

少なくとも私の持っている、どのクラニアルの
本より、詳細、明確に書いていると思いますが、
今のところ書き上げても、私自身のため、または
身内の先生(スタッフ)のためぐらいにしか
考えていません。

炭酸と歯

| コメントはまだありません

炭酸は歯のホーロー質を溶かします。

 

でも、そんなに強い影響が
出ないのは何故か?

 

それは唾液が歯を守っているためです。

 

しかし、炭酸も少量ずつ続けて飲んでいると、
そのコーティングがしきれず、少しづつ
歯は溶かされてしまうようです。

 

暑い日に炭酸を飲むとスッキリするでしょうが、
歯のことを考えて、あまり多くは飲まず、
飲むときは立て続けに飲まぬように
した方が良いと思います。

 

もうひとつ、

 

医師が塩分過剰摂取をうるさく言っていますが、
そこにあげられている塩分過剰食品の多くが
スーパーで売られていたり、レストラン、
食堂でつくられたものを指しています。

 

基本的なものをまず知っておいた方が
良いと思うのが、それらの食品に使われている
塩が、食事塩(Nacl)の塩であり、
天然の塩ではないということです。

 

確かに、人工の塩だと血圧も上がり、
良くないと思います。

 

医者も、そういうことがあることをふまえて、
天然の塩を摂るように、食塩は避けるように
指導されるのが本道と思いますが?

参考図書

| コメントはまだありません

マリリン・モンローの言葉
~世界一セクシーな彼女の魅力の秘密 (だいわ文庫)

大和書房

ココロとカラダ 元気のしくみ
さくら舎

サージェント・ペパー50年
河出書房新社

デカルトの誤り 情動、理性、人間の脳
(ちくま学芸文庫)

筑摩書房

 

脳内不安物質
―不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる
(ブルーバックス)

講談

 

医者が教えない 健康ホントの話 (別冊宝島)
宝島社

意識はいつ生まれるのか
――脳の謎に挑む統合情報理論

亜紀書房

 

無意識の脳 自己意識の脳
講談社

 

ディヴァインヒーリング(改訂版)

 

 

サザーランド支点テクニック シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

サザーランド支点テクニックを
開発しましたよ!

 

今までサザーランド支点に直接的に
治療を行う方法はなかったので、これを
用いることで、どのようなことを
起こせるのかは、これからの検証になります。

 

まだ開発したばかりなので、より高い
精度のあるテクニックに作り上げる
必要はあります。

 

そして、確かに有効なテクニックに
なった時には、セミナーにおいて公開します。
その時を楽しみにしていてください。

 

今までテクニックを多く作ってきました。

 

公開しているのは有効性が認められた
テクニックであり、有効でないと判断した
ものは、表に出ることなく消えていっています。

 

テクニックの開発というものは、そういうものです。

 

今後も試行錯誤を繰り返し、より良いものを
生み出していくつもりです。

参考図書

| コメントはまだありません

全体性と内蔵秩序
青土社

 

UFO事件クロニクル
彩図社

 

世界の最新医学が証明した
究極の疲れないカラダ

アチーブメント出版

 

超ヤバい話
―地球・人間・エネルギーの危機と未来

さくら舎

オートポイエーシス
―第三世代システム

青土社

 

カラー図解 アメリカ版
大学生物学の教科書 第1巻
細胞生物学 (ブルーバックス)
講談社

 

カラー図解 アメリカ版
大学生物学の教科書 第2巻
分子遺伝学 (ブルーバックス)

講談社

カラー図解 アメリカ版
大学生物学の教科書 第3巻
分子生物学 (ブルーバックス)

講談社

 

カラー図解 アメリカ版
大学生物学の教科書 第4巻
進化生物学 (ブルーバックス)

講談社

カラー図解 アメリカ版
大学生物学の教科書 第5巻
生態学 (ブルーバックス)

講談社