ワールドセラピーシステム セミナーのご案内

グリーンハウス動画紹介サイト

| コメントはまだありません

 

グリーンハウス動画紹介サイトが出来ました!
こちらからアクセスしてください。

http://www.oste-greenhouse.website/

MIL10023//1

新しい動画 塩水の効果 を追加しました!

WTS研究会からのお知らせ

| コメントはまだありません

1.WTS研究会について

すでに入会されている会員が、
ガイダンスが開催される時に
再受講される場合には、
5,000円にて参加できます。

2.WTSを広げるため

入会を考えていたり、勉強したい、
体験したい治療の先生や、健康関係の
仕事をしている人で、WTSを使いたいと
考えている東京近郊外にお住まいの方が、
3~5名いる時にその旨を連絡頂ければ
時期とタイミングを合わせ、こちらから
インストラクターが行ってガイダンスを
行います。

詳しくはこちらまでご連絡ください。

 

ワールドセラピーシステム研究会より

瘢痕は・・・ シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

最近はWTS、BDFT、そして私が開発した
クレニアル、時々インパクションという
具合に治療しています。

 

特にBDFTはいろいろと使っており、
特に感じたのは、「瘢痕の治療法について」です。

 

これを注意深く用いると、または必要な人に行うと、
大変効果があるというのが分かりました。

 

このやり方を学んで使ったときに、これほど
効果があるとは思わなかったのですが、
注意深く用いることで大変に効果があり、
かつ重要であることが分かりました。

 

内視鏡の手術により表面に痕があまり
残らず確かにいいけど、腹胸内は
ずたずたに切り裂かれています。

 

また昔に盲腸(虫垂炎)のような手術をした人は、
かなり瘢痕がひどく、アプレジャーが言っている
ように、これが頭痛のもとになっていることさえあり、
治療する技術を持たねば大変です。

 

確かに筋膜リリースのようにして
瘢痕を緩めることは可能です。

 

しかし、ダライアン先生のバイオダイナミクスは
組織の質を変容させるため、その治療の質は
全く違います。

 

なぜそう言えるのかって?

 

私はそのどちらの技法も使え、かつ今まで
臨床でその両方を使ってきているからです。

 

今後も帝王切開される女性も、会陰切開
されてしまうことも、大きなけがで皮膚を
縫わねばならなかった人もいるでしょう。

 

このバイオダイナミクスにより、瘢痕治療は
非常に素晴らしい効果を出します。

 

この方法は今回のフェーズ5で行います。

参考図書

| コメントはまだありません

知られざる世界権力の仕組み[上]
ロスチャイルド&ロックフェラー帝国の全貌

成甲書房

知られざる世界権力の仕組み[下]
寄生体シンジケートが富と権力を握る

成甲書房

日本懐かしオカルト大全 (タツミムック)
辰巳出版

 

SHOE DOG(シュードッグ)
東洋経済新報社

 

 

 

友達になる シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

私はよく組織と「友達になりなさい」とか
「ロングタイドと友達になるんだよ」と言います。

 

どうも多くの人にはそれがわからないようです。

 

できる人間にとっては当たり前で、できない人に
とっては何のことかも感覚もわからないという
ことになります。

 

私は考えていました。
そしていろいろ資料を見直していて気づきました。

 

それは「自分の立ち位置を変える」ということです。

 

余計に「???」となる人もいるでしょうし、
これだけ聞いて「ああなるほど!」と理解できる
人もいるかもしれませんね。

 

もう少しわかりやすく言うならば、水中のもの、
魚でも、水面から見ているのと、水中から
見るのでは感じが変わるのと同じです。

 

どうですか?これで私の言わんとしていることが
おわかりになったでしょう。

 

???
まだまだ分からない?
ふーむ、ではもう一つ。

 

大変なことが起こり、お先真っ暗な人に対し、
今まで何も不幸を体験せずうまくいっている人が
その人に「あなたの気持ちはよくわかる」と言ったら
嘘つきになるし、きっと「あなたみたいな人に
私に気持ちなどわかるはずない!」と言われるのが
見えるでしょう!

 

これでもよくわからない?

 

つまり、相手を知りたかったら、安定した
ところに踏みとどまるのではなく、自らも
そちら側に行ってみる必要があると、
私は言いたいのだけど、これで
お分かりになりましたか?

 

これでもお分かりにならない。

 

それとも、やってみたけどわからないという人も
いるかもしれませんね。

 

難しく言うならば、「自らも編成意識状態に入る」
の一言です。

 

ただし、自分が異常世界に入ったときに、
自分が何かを正しく、正確に判定するための
基点を持ち、かつそれは失ってはいけないのです。

 

さあ、ブログで言えるのはここまでです。

 

詳しく知りたければ、当方のセミナーに
参加してください。

 

ただし、あるレベルにある人は、
上記の解説でかなり何かをつかんだことでしょう。

BDFT5 シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

どこまで教えるか考え中でもある。

 

瘤痕の治療と、骨盤の詳しいやり方、
そして私のやり方等も伝えようと思っている。

 

瘤痕は術後の後遺症には絶対に必要と思われる。

 

何しろ今回で一応の締めくくりとしたい。

 

技術というのは「食わず嫌いではよくない」
と私は考える。

 

私自身は、ストラトも、スティルテクニックも
内蔵マニピュレーションも(当然だが)、
カウンターストレインも使える。

 

それらの特質を知り、多くを知ることこそが
自分の得意な技術に深みを与えるのだ。

 

だから、自分はこれは勉強するが、
これはやらないと言っている人は、
決して一流にはなれないと考えてほしい。

 

1つの技術を深めるためにも、
他を知ることは大事なことである。

 

その場合、基本のキをしっかりと
身につけないと、振り回されてしまう
危険性はあるが。

 

以前にフルフォードテクニックのセミナーを
行った。その他、3次元テクニックもあるが、
私は受講生の心構えの低さにがっかりし、
2度と教えないという気持ちになった。

 

それは受けた人というより、こちら側が
どんなに素晴らしいものを提供しようと
しても、受け取らぬ治療者の多さという
ことである。

 

願わくば、BDFT、その他も、このように
ならぬことを望むところだが。

 

「今は時間がないから」
「お金がない」
「知識、経験、技術が今の自分には
足りないから」

 

と多くの言い訳をつけて学ばぬ人は、
やはり何年たっても学ばないのだろう。

 

私はそういう人たちと付き合うつもりは
全くないし、真摯に学ぶ人にのみ、
なんとか一流に持ち上げてあげたいと
望むものである。

触るからはじめるクラニアルテクニック初級3を受講した感想/2018.1.14

| コメントはまだありません

順不同でご紹介しています。

鈴木意久夫 先生

熱心な先生がいっぱいでよい勉強ができました。
「BDFTのまとめ」のおかげなのか、
感覚が前と違ってびっくりでした。
基礎だとおっしゃられましたが、
秘伝がいっぱいで嬉しかったです。

哲学いっぱいで大変ボリュームのある
セミナーで嬉しかったです。他では
あり得ない「クラニアルセミナー」で
良かったです。「理論・感覚・技術」が
分かってよかったです。

基礎からしっかり学べました。ニューCV4が
学べてよかったです。前頭骨リフトの
リリースのコツがわかってよかったです。

直接法/間接法のメリット、デメリットを
学べてよかったです。側頭骨の内旋/外旋を
分かりやすく学べてよかったです。

視診、触診のコツを学べてよかったです。

折笠敏明 先生

今年のセミナー初めも受けられ、よい年に
なりそうです。セミナーの内容も最高で、
ご利益がありそうです。

理論・感覚。技術。レート、ハート等
治療家の心構えも教えていただけ、
今年も頑張れそうです。

秘伝のCV4が超強力で、ダイナミック
モビリティも出たと言われ、大満足で
少しだけ自信もつきました。

前頭骨リフトも何度目かですが、
いつもBDFTでするのですっかり
忘れていました。

車田暁則 先生

新年1回目のセミナーでしたが、とても
内容の濃いセミナーでした。PRMの
リズムを時間をかけて教えていただいて
体感できました。

理論や哲学、初歩の細かい当たり前のようで
気付きづらい点のお話等も聞けて、とても
有意義なセミナーでした。

理屈を知り、テクニックを知り、感覚を
注入していただけるので、ありがたいです。

クラニアルはまだ勉強し始めて回が浅く
不慣れですが、今回のニューCV4や前頭骨
リフトのように、毎回深く掘り下げて
教えていただけるので、繰り返し頑張って
行きたいと思います。

ニューCV4や前頭骨リフト、とても
こだわると注意しないといけないことがあり、
難しいテクニックでしたが、すごく
面白い技術でした。

田尻先生にリードしてもらいながらですと
感覚がつかめたので、再現できるよう
日々努めてまいりたいと思います。

土井亮介 先生

今回が初めての参加でした。私はオステオパシー
もクレニオも勉強したことがなく、クレニオは
理論的にも技術的にも非常に難しそうという
印象を持っていましたが、難しい理論を
非常にわかりやすく説明していただいた
おかげで、とても楽しく学ぶことができました。

もっと深くクレニオについて学びたいと
思いました。

身体の屈曲伸展をつかむ練習の時も、
感覚でとらえるためのアドバイスが
非常にわかりやすく、とても良い練習に
なりました。

CV4を田尻先生に実際に施術していただき
ましたが、身体全体が緩むのと、身体全体が
ぽかぽか心地よく温かくなりました。

立ってみると非常に脳内がクリアな感じがして
セミナーも終わりごろでしたが、CV4を
受けた後が一番元気になりました。

素晴らしいテクニックだと身体を持って
実感できました。臨床の場で活用するのが
楽しみです。ありがとうございました。

川合健太 先生

テクニックの教授だけでなく、クラニアルの
歴史から知識まで教えて頂きありがとうございます。

またクラニアルだけでなく、
オステオパシーに関する話も数多くしていただき
ありがとうございました。

クラニアルをやって行く中で、一次呼吸を
最初触診できなかったのですが、
先生の練習方法により触診が自分の感覚で
行うことが出来ました。

その時は、なんとも言えない感動でした。

この感覚を忘れないように精進していきたいです。

物理的な触診でなく、エネルギーの触診を
しなさいと聞くだけではハテナに
なりそうですが、先生のセミナーは体験を
必ず伴って解説をして下さるので
とても身体に染み着きやすいです。

一次呼吸を感じる際、手ではなく、
身体で感じろと、改めて肥田式をしっかり行い、
中心軸の意識を高めていきたいと
思っております。

今回も貴重なセミナーありがとうございました。
次回も楽しみにしております。

新しく治療受ける人に

| コメントはまだありません

当院には基本的な考え方があります。

 

それは、

1.現在真面目に通院されている人に対し、
余計な予約を入れることで、予約を
取りづらくすることを避ける

 

2.どんな症状であれ、どれ一つでも
同じパターンで治るとは限らないので、
ある人はすぐに結果が出て、ある人には
時間がかかることもある。

すぐに直してほしい、イコール
そうなるとは限らないことを
理解してほしいと思う。

こちらはすぐに良くなるようにと
考えて治療しても、そうならないと
いうのがあるのが人体ということである。

 

3.当院に来る人は難しい疾患の人も多く、
真剣な気持ちで来てもらわなければ
効果が出ないこともある。

数回治療に来て、それだけで来なくなる人を
治療する気持ちは私にはまったくない。

そういう人はどうぞ他の治療院に
行ってほしいと思う。

 

4.私は治療院では治療の仕事だけを
しているわけではない。もちろん主には
そうだが、その他にも多くの仕事がある。

治療かである以上、一番重要な仕事は
患者治療である。

限られた時間において、疑いの気持ちしか
持てない人を治療するほど、私の心は広くない。

 

5.以前にも書いたが、治療は二人三脚
であり、双方の考え方、意識の持ち方が
より難しい疾患を治す。

ポンときて、自分の都合で勝手に来なくなり、
また調子が悪いからと言って治療してあげ、
また途中でよくなりきっていない人でも
またくれば治療してあげるということは
当院ではやらない。

クラニアル初級セミナー② シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

今回は初級にも関わらず、
クラニアルリズムとは何か?
これを感じ取るにはどうすればよいか?

 

これを感じることの意義とは何かの
哲学的、治療学的解説を、
かなり詳しく行った。

 

このセミナー代で、これだけの内容を
学べるというのは、ほとんどあり得ない
話であろう。

 

それほど今回のセミナーは、十分に
価値あるものであったと思う。

 

また私の開発したニューCV4も、
皆さん喜ばれたと思う。

 

CV4を知っている人も、へーっこんな
やり方があるのか!とさぞかし
驚かれたに違いない。

 

全く知らない人は、このCV4の持つ
価値が全く分からぬであろう。

 

この技術は本来ならば中級以上の
クラスが学ぶべき内容である。

 

今回学べた先生方は、大変お得だった
ということになる。

 

なぜこんなサービスをしたか?

 

今年の出足のセミナーであるから
ということと、このテクニックを出しても、
まだまだ新しいテクニックが後に
控えているからということがある。

 

いまセミナーで販売している資料は、
セミナーに参加しない人には出せない
ものであり、大変貴重なものであり、
その使い方は後々に嫌というほど
分かることになる。

参考図書

| コメントはまだありません

ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー
NHK出版

ゲノムが語る人類全史
文藝春秋

がん‐4000年の歴史‐ 上 (ハヤカワ文庫NF)
早川書房

がん‐4000年の歴史‐ 下 (ハヤカワ文庫NF)
早川書房

蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか
松籟社

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
河出書房新社

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
河出書房新社

『サピエンス全史』をどう読むか
河出書房新社

ユニクロ潜入一年
文藝春秋

 

 

クラニアル初級セミナー① シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

今回、今年初めてのセミナーにおいて、
初心者にでもクラニアルリズムを感じさせる
メソッドを開発しました。

 

何もできない人でさえ、クラニアルリズムを
いきなり感じられるようになるこの方法は
私のオリジナルであります。

 

「まさかこんな方法があるのか!」
というやり方です。

 

ただし、これを教えるには、教わる側の
能力よりも、教える側の能力の高さを
必要とします。

 

もちろん、ただの1回でパーフェクトに
分かるようになるなどとは言えませんが、
今までよりも格段の進歩を遂げてしまう
このやり方は、我ながら素晴らしいもの
だと思います。

 

ただテクニックを教えて、その感覚を
身につけさせないならば、それは一種の
サギみたいなものかもしれないと考えます。

 

私はセミナーで、

1.知ること(知識)
2.感覚を持つこと
3、そして技術を使えること

この3つを教えました。

 

このうちどれ1つが欠けても、特に
クラニアルテクニックはできないという
ことを知るべきです。

 

多くの学生が1と3を混同したり、
2が不十分だったりするために、
本当にはこの素晴らしいテクニックを
使いこなせないでいます。

 

単にリラックスさせるための
テクニックになっている気がします。

 

本当にクラニアルテクニックを使いたい
と思う方は、当セミナーに参加し、
その真髄をつかんでください。

今はクラニアル! シリーズ・オステオパシー

| コメントはまだありません

ものすごい勢いでクラニアルテクニックを検証中です。

 

最近開発した「ニュー・クラニアル・アプローチ」は
超絶技法で別格級のテクニックとしても、今日作り出した
「鼻鼻テクニック」も発想が面白く、学ぶに値する
テクニックだと思います。

 

頭蓋においてアプローチできないところが、
以前よりだいぶ少なくなりました。

 

これだけをすべて学ぶとしたら、ゆうに
一年はかかろうというものです。

 

それぐらい最近私はクラニアルを研究しています。

 

さて、今後どのような研究成果が出せるやら・・・・です。