ガイダンスについて
HOME > ガイダンスについて

ガイダンスについて

入会を前提にお申込み下さい。

今まで手技のみで治療にあたられてきた先生方には、
もしかしたら受け入れにくい考え方やアプローチであるかもしれません。

ガイダンスでは、このシステムが、
患者さんの要求にどう答えられるのか説明します。

実例を持って実演し解説します。

いらっしゃった先生自身に、実践し、体験して頂きます。

どんなに治療技術のレベルに違いがあっても、
全員が同じ効果を出せる事を体験してもらいます。

この技法自体きちんとステップを踏む事で、
明日からでも使えるというのが分かると思います。

ガイダンスを受けられ入会されましたら、
即、一通りの治療はできますので安心してください。

ただし、より高度な使い方を勉強して頂く必要はあります。
細かい使用法や応用法は、研修会に参加して頂き、
身に着けられるように指導します。

より高度な使用法を学んで頂く為には、
更なる教育は必要であり、順次行っていきます。

構造に全く刺激を加えずに、組織が変化し、動いて、
形を変える事をその手で感じ、その目で見て下さい!!

ガイダンスでは、一時的にこのツールを使える状態にセットしますので、
まずは、このツールを使って治すことを体験してみてください。

ただし、ただ闇雲に広がることは望まないので、30名と限定しました。
まず、その人達がある一定レベルに育つまで待ってから、次を教える為です。

ガイダンス受講後、その日の内にご入会下さい。

入会された先生は、効果を出す統一した意識のある集団としたいので、
その日の内に申込みされなかった場合、
今後いかなる理由と言えども、入会はできません。

治療と言うものは、単に理論のみではなく、直感やフィーリングは大事です。
だから、いつまでも入会を迷ったり、どうするか考えているようであれば、
結局、この技法を使いこなせないと考えます。

ただ興味本意で受けに来られ、真剣に学びたい先生の邪魔になるのは
決してあってはならないと思います。

最後に、フルフォード先生も考えていた21世紀の治療、
ダライアン先生の言っているオステオパシーは、
量子医学となるべく勉強すべきであると言う意味で、
このワールドセラピーシステムは完全に21世紀の治療であると断言します。

やがてはこの技法が、世の中に受け入れられる日が来ることと思います。

ぜひご参加ください。

→入会申し込みについて
→アレルギー治療について